お風呂ダイエットの方法

お風呂ダイエットの方法

お風呂2

 

お風呂ダイエットのやり方とは、まずお風呂ダイエットのお湯は42度から43度と、少し熱めのお湯になるので体調が悪い時や疲れている時は止めておいた方が良いです。
最初に湯を体にかけて、体がお湯の温度に慣れるようにしてから行います。かけ湯が済んだら、お風呂に体を入れます。

 

最初の入浴は3分から5分で済ませます。体が湯の温度に慣れたら、手を軽く回すなどの運動をしてみてください。お風呂の中で座った状態で、上半身を左右に回したりなど、軽く体を動かします。3分〜5分が経過したら、5分ほど浴槽から出ます。
体を冷ましつつ、このタイミングが体を洗ったり、洗髪を行います。

 

休憩した後、2回目の入浴ですが1回目同じようにお風呂の中で軽いエクササイズをしましょう。
一定時間入浴をしたら、再び体を出して5分休憩をしましょう。その後、再度お風呂に入ります。

 

タオルと水

 

3度目の湯温はもっと高くてもいいです。
のぼせやすくて42度の湯は体がきついという人は、38度の湯に半身浴で入り、時間をかけてダイエットをしても良いです。
要領を覚えるまでは、お風呂ダイエットでのぼせてしまう人もいるようです。

 

体の状態とよく相談しながら方法を決定してください。
お風呂ダイエットでは水分が失われるので、しっかり水分補給をすることを忘れてはなりません。

 



 
このページの先頭へ戻る