妊娠中にダイエットは必要なの?

妊娠中にダイエットは必要なの?

母子手帳とエコー検査

 

原則的に、ダイエットは妊娠中はしない方がいいですが、医師の判断によっては、体重制限をすべき場合があります。妊娠中でも、体重が多くなりすぎたらダイエットが必要になります。

 

すぐに医師に相談しましょう

 

一気に妊娠中に体重が増えると糖尿病の原因になったり、妊娠中毒症の可能性もあります。妊婦の健康のためにも病院からの指導の下でダイエットを行う必要があるのです。

 

塩分を控え、カロリーをコントロールしながら栄養はしっかりと摂れるような食事を心がけましょう。ですが、妊娠中は胎児へ送る栄養も確保しなければならないとはいえ、成人2人ぶんも食べるという必要はありません。

 

妊娠中の女性

 

自分の使うカロリーが2000kcal、赤ちゃんのぶんが300kcal、これが妊娠中の必要カロリー量です。母体が太りすぎると、脂肪のために産道が狭くなって、赤ちゃんが出て来づらくなってしまうことがあります。

 

お産を楽にするためにも、太りすぎないように心がけることが大切です。妊娠中のダイエットは体型をよくするためではなく、栄養をしっかりと摂りながら胎児の妊婦の健康のために行うものなのです。

 

自己判断せずに医師に確認

 

妊娠中に太り過ぎないようにしなければならないとはいえ、妊娠前に比べて増加した体重が10キロ以内であればダイエットは必要ありません。

 

ダイエットのしすぎで体力が落ちてしまうと、生まれてからが大変です。妊娠中のダイエットは適度な程度に留めておきましょう。

 





 
このページの先頭へ戻る