妊娠中のダイエットと胎児への影響について

妊娠中のダイエットと胎児への影響について

安産祈願絵馬

 

妊娠中にダイエットをすると、胎内の子どもにはどのような変化が現れるものでしょう。少ない体重で生まれる赤ちゃんが増えている原因に、妊娠中でも痩せている女性の増加が挙げられます。

 

妊娠中はとくに体重の増加が気になるものですが、体重が増えるのはお産に備えるために必要なことです。太りたくないと食事制限や過度なダイエットをする妊婦が増加しています。

 

妊娠と確認する女性

 

結果としてお腹の赤ちゃんもダイエット状態になってしまうといわれてます。妊娠が確認できたらダイエットは中断しましょう。主原因というわけではありませんが、妊娠中にダイエットをしすぎるとお腹の子に影響が及んでしまいます。

 

太った外見になりたくないという思いから、妊娠中でもダイエットをする人がいます。妊娠中にダイエットに取り組んでいる人は、赤ちゃんの成長に与える作用を検討してみてください。

 

ダイエットは医師の判断の下で

 

妊娠中のダイエットが原因で、もし赤ちゃんが低体重児として産まれた場合、感染症や合併症にかかる確率が高くなります。体重が少ないだけで赤ちゃんは呼吸すらできない場合もあるのです。

 

周囲の人も妊娠中の人に対して太ってきたことを指摘したり、過度なダイエットをすすめることの無いようにしましょう。母胎にも、胎児にも負担の少ないお産をするため、妊娠中のダイエットはしすぎないようにしましょう。

 





 
このページの先頭へ戻る