妊娠中にダイエットをする場合

妊娠中にダイエットをする場合

妊婦さん3

 

低体重児を出産する女性が増加している理由に、妊娠中のダイエットがあります。原則的に、ダイエットを妊娠中に行うことは感心できることではありません。

 

妊娠中にダイエットをする場合とは?

 

体重が増えるということは赤ちゃんが育っている証拠であり、出産の準備として不可欠なことだからです。妊娠中にダイエットをしなければならないのは、あまりにも太り過ぎてしまった場合です。

 

検診のときに体重増加を指摘され、妊娠中毒症の危険性があるようなときには、妊娠中でもダイエットをしなければならないのです。もしも妊娠中にダイエットをすることになったら、体型や体重減少よりもまず健康が重要です。

 

妊婦さん2

 

ダイエットを妊娠中にする必要があったら、食事や運動をどのように変えていくか、健康に配慮しながら行うことになります。体に負担をかけずに体重を減らす食事はどんなものがあるか、医療機関などと話し合いながら決めていきます。

 

お腹の赤ちゃんに送る栄養が何より大事なので、カロリーが低くてもダイエット食品などを摂取するだけではいけません。赤ちゃんの成長のための栄養にはならないからです。

 

妊娠中のダイエットのコツとは?

 

妊娠中のダイエットは過度なダイエットはしないことです。医師の指示に従いながら、ウォーキングなどの無理なく続けられる運動をしましょう。胎児の成長の助けになる栄養ぶんを積極的に取り、食べ過ぎにならないようコントロールすることが、妊娠中のダイエットのコツです。

 





 
このページの先頭へ戻る