断食ダイエットの方法

断食ダイエットの方法

空のお皿

 

断食の種類

 

断食ダイエットには、食事を抜く期間に応じて半日断食、1日断食、本断食があります。それぞれの断食の定義や実際の方法は指導する人や施設によって異なります

 

大まかに減食期、断食期、復食期の3つの期間に分けて断食ダイエットのプランは考えられています。特に重要なのは復食期及び断食ダイエット後の食事です。

 

リバウンドの可能性

 

贅肉を掴む女性2

 

食べ過ぎたり、急激に元の食事に空腹の反動で戻すことが原因でリバウンドが起こる場合があります。注意したいのは、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことです。

 

断食ダイエットを家庭で行う場合は、断食は半日断食か1日にしておくのがおすすめです。知識の無い状態での長期の断食は、健康上に問題が生じる場合があります。

 

過度な断食はしない

 

自宅で断食ダイエットを行う期間は外食や激しい運動は避け、健康状態の良い時に自宅で作る食事で行うようにします。半日だけ食事を断つ半日断食はそれほど難しいことではありませんが、水だけは十分に摂取するようにします。

 

ペットボトル4本

 

水分摂取は空腹をまぎらわすことができますし、デトックス効果もあります。ダイエット中に便秘になるのも良くないので、水分摂取を1日2リットルを目安にするのがおすすめです。

 

重要なのは、不安のある方は担当医に相談すること、ストレスが溜まってしまうような断食であれば行わないという判断をすることです。

 



 
このページの先頭へ戻る